[PR]★就・転職に有利!【CAD資格】1・2級に合格できる! キャッシング,ローン,転職,生命保険,自動車保険,医療保険,携帯 [PR]録音できるボールペン 不倫,人妻,浮気,浮気調査,探偵,うつ病,鬱病 新妻の独り言 とんでもない官僚がいたものね。
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.07/30(Wed)

とんでもない官僚がいたものね。 

何この外務省の官僚は。いい給料をもらって官舎みたいな優遇された所に
暮らしているくせにお金を返さないっていうのはおかしいんじゃないかしら。
そもそもセミスウィートに泊まる必要があったのかしら?ま、自腹で払うならいいけど。

 外務省経済局の男性官僚(40)が、都内のホテルの宿泊代1500万円以上を支払わず、ホテル側とトラブルになっていることが30日、関係者の話で分かった。ホテル側は刑事告訴や民事訴訟を検討しているという。この官僚は産経新聞の取材に、「確かに支払いはしていない」などと事実関係を認めた。外務省では以前、ホテル代の水増し請求事件などで職員が逮捕されており、再び外務官僚の“たかり体質”の一端が浮かんだ。
 複数の関係者によると、この官僚は平成18年6月から19年4月までの293日間、該当のホテルのセミスイートルームに宿泊。1泊の料金は5万2500円で、合計で約1538万円の債務が生じたが、現在まで全く支払われていない。
 官僚は家庭の事情で都内の自宅を出た後、知人の紹介などがあってホテル宿泊を始め、そこから東京・霞が関の外務省に出勤していた。19年4月以降は官舎に移り住んでいるという。
 ホテル側はこれまで再三にわたって支払いを求めたが、応じる気配がないとして、今年7月に請求書を送付。官僚は数日後にホテルに出向き、謝罪文を示したという。
 この謝罪文では「極めて礼節を欠いた不義理を働いたことにつき、一人の人間として本当に恥じ入るばかりであり、申し開きのことばもございません」としながら、「今の自分にはとても支払い能力はございません。せめて金額を一般客室料金×宿泊日数としてお支払いさせていただくことでご検討頂けないでしょうか」と“割り引き”を求めている。
 だが、ホテル側は「これまで誠意ある態度が一切みられなかった」と納得しておらず、官僚に対し刑事・民事両面での措置を検討しているという。

外務官僚、ホテル代1500万“踏み倒し” セミスイートに300日宿泊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080730-00000947-san-soci

スポンサードリンク

テーマ : 気になるニュース気になるニュース - ジャンル : ニュースニュース

【編集】 |  18:27 |  国内のニュース  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。